【英会話力UP課題発見無料診断】良く聞き返されてしまう方へ解決策とアドバイス

スポンサーリンク

英会話力UP課題発見無料診断は、こちらでできます。

診断する

良く聞き返されてしまう方へのアドバイス

以下の症状を持った方へのアドバイスです。

<症状>
□自分の発音が通じなくて自信をなくすことがある
□英語を話していてもよく聞き返されてしまう

初心者の方だけでなく英語学習上級者の方やすでに英語を使って仕事をされている方、TOEICの点数が900点台の方でも、この発音について悩んでいらっしゃる方も多いと思います。

「聞き返される」ことはすでに英語を使っていらっしゃる方は、一度や二度経験はあるのではないでしょうか?

通じないときの相手の「?」マークが浮かんでいる表情をみると、私も「あ-やっぱり自分の英語が通じていないんだな」と何度も自信を失いました。

日本語弁病の原因と解決策

日本語弁病の原因

この原因は英語の正確な音の作り方を知らない。

つまり英語の発音が原因でした。

方言は、その地域の文化でもあるので大切にしていきたいものでもあるのですが、なまりが強いと理解されないですよね。

思いっきり日本語英語で話しても、通じる方もいらっしゃいます。

コミュニケーションに支障がなければ、個性でもありますのでそれで良いと思います。

けれども支障を来すようなレベルは、仕事上では信頼されにくいですしプラスの評価にはなりません。

英語もあまりにも日本語訛りが強いと、理解してもらえませんしコミュニケーションが成立しません。

日本語弁病経験者のアドバイス

これを解決するためには、日本語英語でなく標準語の英語発音を身につける事です。

最近この英語発音が脚光を浴びています。

タレントのガクトさんなども、youtubeで英語発音の重要性を伝えてくださっているので興味を持っている方も増えてきています。

英語発音の学習法も色々ありますよね。

フォニックス、発声法などなど

その中でも英語発音を効果的に効率よく学ぶにはコツがあります。

これを知って英語発音を勉強するのとしないのでは、大違いです。

英語発音を上達させる一番の方法その答えは

母音の発音をマスターすることです。

これは私がお伝えしているメソッドでも強調していることですが、この母音の発音で英語発音が決まると言っても過言出ないくらい重要な音です。

アメリカ人の英語発音教育専門家ジュディギルバートさんという方がいらっしゃいます。世界で人気のある「クリアスピーチ」という発音シリーズの著者でもあります。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。ジュディさんも英語の母音の発音の重要性をこの本の中で一番強く発音する母音が一番重要な情報。そして、この母音を発音する時には正確さが必要である。と伝えています。

どういうことかもう少し詳しく説明しますと

英語でも日本語でも同じ、バナナの単語をここでは使います。

最低限の音の塊ごとにわけています。英語ではこの最小限の音の塊をシラブルと言います。このバナナは3つの音の塊にわけられるので3シラブルです。

シラブル(syllable)って何?英語発音矯正のコツ
日本で普通に英語を習ってきた場合、Syllable(シラブル)について「何だろう?」ではないでしょうか?ここでは初めてシラブルの存在を知ったと言う方の為にご説明しています。

バナナの日本語の発音はバナナ。

平坦な音でどこも強く読んだりすることはしませんよね。

英語の発音ルールで2シラブル以上の単語は、どこかひとつのシラブルの母音を強く読むというのがあります。

英語の単語には、必ずどこか強く読むアクセントがつくと学校で習ったと思います。

このアクセントは英語ではストレスとも言います。

英語発音によく出てくるアクセント(ストレス)って何?
言葉にはそれぞれ独特のリズムがあります。日本語の中でも地域によって言葉の意味が必ずしも同じではなく、リズムも違いますよね。英語も同じで英語ならではの音の特徴があります。今回は英語のリズムを作り出す上で重要な要素の一つ”ストレス(アクセント)”についてお伝えしていきます。

私は発音を教えるとき、強く読む所をストレスと言っていますので、そちらの表現の仕方を使いますね。

ストレスは圧を書けるという意味があり、文字通りこのストレスがかかることで音が変化します。

この場合真ん中の音”な-”の音にストレスがかかります。

ジュディさんがおっしゃっているように、この赤い字”あ”という母音の発音が重要なんです。

なぜかというとこのストレスのかかる母音は、通常強く音もその他の母音より長く読むという発音のルールがあるからです。

そしてその前後の母音はストレスのかかる母音とは違うということを相手にわかってもらえるよう、短く省略されていきます。

それがシュワという音なのですが、そちらに関しては以下の記事で詳しくお伝えしています。

英語発音母音Schwa(シュワ)について
英語の発音を習うときにとても重要な音があります。それがこのSchwa(シュワ)。音の響きがとても面白いですが、この音は一体どういうときに使うのか?どうして英語の発音を身につける上でも重要なのかご説明していきます。

話を戻しまして、

なぜそういうルールがあるかというと、強弱をつけて音のコントラストをつけるためです。

耳シャッター病のところで英語はリズム音楽という説明しましたが、もう一つの理由がこちらです。

こういう風に強弱や音を長くまたは短くすることによって、英語独特の音楽が奏でられるようになっています。

そしてネィティブはこのストレスのかかった母音の発音で、単語の意味を理解するのでこの母音の発音が一番重要なのです。

母音の音の違いが正確に発音できるかで、あなたの英語が通じているか通じていないかがだいたいわかります。

hat/hut/hot

ここではあなたが正確な発音ができているかどうかチェックしてみてください。

同じような単語が並んでいますが、実は口の形が全部違います。

この3つ正確に発音できますか?

すべて同じような音になった。もしくは違いがわからないという方は、英語発音をやって正確な発音を身につけることをおすすめします。

なぜなら自分が発音できないとこれからもずっと通じないことで悩み続けますし、自分が出せない音は聞き取ることも難しいからです。

ということで、日本語弁病を解決するアドバイスは、「正しい英語の発音を身につける。」です。

英語の発音を身につける事により、自分の話す英語が通じやすくなりますし、ネィティブの英語も断然聞きやすくなります。

オンライン英語発音レッスン 
「英語をアップグレードする7つのコツ」メールセミナー
オンライン英語発音レッスン
体験レッスン
受講生様の声
講師プロフィール
お問合せ
発音記号やフォニックスを使わない英語発音矯正、英語アクセント、アルファベット発音、ネィティブ発音などの英語発音練習ができます。
アメリカ英語発音で英語発音入門から始められるオンライン英語発音スクールです。