LとRの発音の聞き分けるコツは口の形と舌の位置

LとRの発音の聞き分けるコツは口の形と舌の位置

LとRの英語発音の違いを聞き分けるのって難しいですよね。

ある程度英語が話せる人や英語学習上級者になれば、話の前後の内容などから推測することも可能になってきます。

けれども英会話初心者の方はスピードにもなかなかついていけないので、至難の業ではないでしょうか?

聞き分けるのが難しいと、ご自分の発音もLとRが混同する可能性があります。

そうなると、よく例に出されますがrice(ご飯)とlice(ノミ)のように違った意味になってしまうので特に仕事で英語を使う場合は気をつけないといけないですよね。

でも大丈夫です。

正しい音の出し方を身につければ簡単に解決できるようになります。

LとRの発音に悩んでいらっしゃった生徒さまのご感想です。

アルバイト先で外国のお客様に話しかけられたときに、とても聞き取りやすく聞こえたので発音のレッスンのお陰だと思いました。外国人と会話したときにLとRの違いがわかったり聞き取ってもらえたときに正しい発音の仕方と表現のしかたも身に付いたかなと感じました。

LとRの音を出すには、正しい口の形と舌の位置を知る事が必要です。

舌の位置の違いを把握している方は多いです。

けれども舌の位置だけでなく、正しい口の形で発音しないと正確な音が出せないですし、聞き取れません。

この二つを合わせて音を出すと、LやRの入った単語でも音の違いがわかるようになってきます。

できるようになると、口の形を見ればわかるようになってしまうのです。

英語発音CAラボは、8つの口の形と舌の位置の組み合わせでネィティブの英語発音ができるようになります。

是非音の出し方をマスターしてLとRを克服してみませんか?

ニュースレター配信中♪

英語発音学習を成功させるための
7つのコツ
”きれいな英語発音”を身につけるノウハウが学べる
無料メールセミナー

※動画は入力されたメールアドレス宛にお送りします。送られるメールは、ワンクリックで解除可能。※ご登録いただいた情報は個人情報保護の観点により、プライバシーを完全に保護いたします。

ブログ
オンライン英語発音CAラボ