英語でコミュニケーションを取る力が劇的にUPするために意識したいこと

英語発音オンラインスクールCAラボ
山岡です。

 

英語でコミュニケーション取る力を
劇的にUPするたった1つの事。

 

それは英語発音学習です。

 

英語でのコミュニケーション力を
上げるために、
英会話の練習をしている方も
多いと思います。

 

けれども、残念なことに
そもそも話す英語が
相手に伝わらなければ
その努力は報われないかもしれません。

 

英語は日本語にはない
独特な音やリズムがあります。

 

それを身につければ、
相手に伝わりやすくなるので
スムースに意志の疎通が
できるようになります。

 

そのあとに英会話レッスンなどを
受ければ上達のスピードも断然違います。

 

そして今回のテーマですが

 

英語や異文化間での
コミュニケーションを取る際、
意識したいことがあります。

 

それはコミュニケーション
スタイルの違い
を知る事です。

 

英語と日本語のコミュニケーションスタイルの違い

アメリカの文化人類学者エドワード博士が書かれた
著書 『文化を超えて』ご存知ですか?

 

博士はその中で世界中の言語コミュニケーションの型を
高コンテキスト文化と低コンテキスト文化に分類しました。

コンテキストとは、「文脈」などの意味があります。

 

言語や価値観、文化的な背景など
共通している部分が多いとハイコンテキスト

 

逆に低い場合はローコンテキストに別けられます。

 

英語は様々な文化的背景の違う人達が
使っているのでローコンテキスト。

 

そのような中でコミュニケーションを取る
必要があるのでできるだけストレートに
わかりやすく正確に話さなくてはなりません。

 

会話において「話し手」に責任があります。

 

一方、日本語は多くが共通の文化を持ち
価値観も似ているのでハイコンテキストに分類されています。

 

同じような経験をしていて、
相手を理解しやすく全部を伝えなくても
わかってもらえるという認識があります。

 

「あれどうなった?」で通じてしまう
「あ・うん」のコミュニケーション

 

コミュニケーションにおいても、話し手ではなく、
受け手が相手の伝えようとしていることを
理解するべきと考え「受け手」に責任があるとされています。

 

英語は逆です。

 

コミュニケーションを取る際は、
「受け手」ではなく「話し手」が
相手を理解させる責任があるのです。

 

そして日本語でも英語でも
訛りの強い言葉は
意味が伝わりづらかったり
理解するのに集中力がいりませんか?

 

「日本語英語でも発音は通じれば良い」という考えの根底には、
相手に理解を求めるハイコンテキストなコミュニケーションスタイルが
あるような気がします。➝昔の私です(^^;)

 

なぜなら「受け手」に
その責任を負担してもらう事になるからです。

 

英語発音を学ぶことで
相手へのそういった負担を最大限減らせるので、
相手への配慮にも繋がります。

英語発音学習することは相手を思いやる”おもてなし”

「おもてなし」は、
日本のホスピタリティを表現する言葉として
世界に知られるようになりました。

 

この”おもてなし”の本質は、
相手への気遣い、思いやりから出てくる行動です。

 

実は、日本人が英語発音学習を
することもこのおもてなしに通じると考えています。

 

グローバルな時代
日本語という母語を持つ私たちは
ネィティブレベルを目指す
必要はないと考えます。

 

英語は世界で最も話されている言語。

ネィティブもノンネィティブも
お互い理解するために歩み寄る必要があるからです。

そこで提唱されているのが
プレイン・イングリッシュのすすめ。

プレイイン・イングリッシュについては以下の記事に詳しく載っています。

プレイン・イングリッシュとは - JPELC(Japan Plain English & Language Consortium:ジャパン・プレイン・イングリッシュ・アンド・ランゲージ・コンソーシアム)
情報量が増すなかで、正確に、スピーディーに理解させるかを工夫 インターネットの普及により私たちは情報を容易に得ることができるようになりました。気づけば多くの情報に囲まれ、無意識にそれらを即時 取捨選択する毎日です。そうし... (続きを読む)

海外の人と英語でコミュニケーションをする際、
相手に伝わる発音と簡易な表現力があれば十分やっていけます。

 

それでも、仕事上で
支障を来すことのないよう
信頼関係を得やすいよう
自信を持って話せるよう

 

誰にでも通じる
標準語の英語発音を身につける事は
新たな”たしなみ”

 

英語発音学習をすることは、
まさにおもてなしに通じると考えています。

 

ローコンテキストのコミュニケーションのコツ

英語などのローコンテキストな文化の言語を使って
コミュニケーションを取る際に意識することは

 

いかに相手にわかりやすく伝えるか。

 

そのためにはシンプルで
誰にでもわかりやすい表現が一番です。

 

そのコツは、「話の結論を最初に伝える事」

 

採用面接でもそうですが、
相手にわかりやすく論理的に伝えます。

 

これを意識するだけでも全然違ってきます。

ニュースレター配信中♪

英語発音学習を成功させるための
7つのコツ
”きれいな英語発音”を身につけるノウハウが学べる
無料メールセミナー

※動画は入力されたメールアドレス宛にお送りします。送られるメールは、ワンクリックで解除可能。※ご登録いただいた情報は個人情報保護の観点により、プライバシーを完全に保護いたします。

ブログ
オンライン英語発音CAラボ