英語発音が変わるコツ!英会話をするときに意識したい舌の位置

スポンサーリンク

こんにちは!
オンライン英語発音レッスン山岡です。

 

突然ですが、今あなたの舌の形はどうなっていますか?

 

そんなこと意識したことがないからわからない。

 

そうですよね。

 

でもちょっと意識してみてください。

 

舌がこんもり少し盛り上がった状態ですか?

 

それとも窪んでいるような感じですか?

 

日本語が母語の方の場合、多分前者の方が多いのでは?

 

英語の場合は、後者。

 

英語を話さないときの舌の状態

 

つまり、リラックスしてどこにも力を入れていない状態の舌の形

 

スプーンみたいなんです。

口を閉じて舌だけ意識して窪みを作って見てください。

 

普段より、口の中に空間が広がりませんか?

 

この舌の位置をオンライン英語レッスンのメソッドでは、”ゼロポジション”と呼んでいます。

 

英語を話す際の、舌のベースとなる形です。

 

英語発音オンラインレッスンのメソッドでお伝えしている舌の位置は全部で8つ

 

これと8つの口の形の組み合わせで、英語の音を作ります。

 

この舌の位置を意識するだけでも音は変わってきますよ。

⇦見事なスプーンの形

赤ちゃんのギャン泣き

 

驚くほど大きな声で響きますよね。

 

コツは、どこにも力を入れずリラックスした状態で舌を窪ませます。

 

そこから英語を話し始めると声が通るようになります。

 

是非、試してみてください!

オンライン英語発音レッスン 
「英語をアップグレードする7つのコツ」メールセミナー
オンライン英語発音レッスン
体験レッスン
受講生様の声
講師プロフィール
お問合せ
フォニックスを使わない英語発音矯正、英語アクセント、アルファベット発音、ネィティブ発音などの英語発音練習ができます。
アメリカ英語発音で英語発音入門から始められるオンライン英語発音スクールです。