シラブル(syllable)って何?英語発音矯正のコツ

スポンサーリンク

シラブル(Syllable)って聞いたことがありますか?

日本で普通に英語を習ってきた場合、Syllable(シラブル)について「何それ?」状態ではないでしょうか?

英語や英語発音について専門的に勉強していると知識があると思いますが、一般的には学校で習ったり、知っている人の方が少ないので心配する必要はありません。

ただ、英語の発音をマスターするに当たって、このSyllable(シラブル)を理解しておくと非常に役に立ちます。

というのも英語を発音するとき、このSyllableをベースに音を当てはめていくと正確な発音の仕方がわかるようになるからです。

Syllable(シラブル)とは一体何かと言いますと

Weblio辞書から以下引用

音節(おんせつ)またはシラブルsyllable)は、連続する言語音を区切る分節単位の一種である。典型的には、1個の母音を中心に、その母音単独で、あるいはその母音の前後に1個または複数個の子音を伴って構成する音声(群)で、音声の聞こえの一種のまとまりをいう。

母音は、日本語で言うa,i,u,e,oの音。英語でVowel

子音は、それ以外のアルファベットの音。英語でConsonant

Syllableとは単語の中の最小限の音の固まりのことを指します。通常その中には母音(a,e, i, o, u)が一つ入っています。

例えば

edamame(枝豆)

日本語の単語の固まりは”e/da/ma/me/“などのように母音または子音+母音をひとかたまりにして発音します。

英語の場合は、”wa/ter“のように、子音+母音と日本語と同じモノもあれば、子音+母音+子音で一つの固まりを作ることもあります。

そして、Syllable(シラブル)は音の固まりとして使うのでアルファベット上は子音でも音にすると母音になるものは母音としてカウントされます。

例えば

happy

hap/py⇒2 syllables
スペルはyだけれども発音は”ee”で母音なのでこの単語は2 syllables

単語の中のスペルの母音だけで判断するのではなく、あくまでも発音の音が基準となります。

ということで、ここまででシラブルとは「単語の最小限の音の固まりでその中には通常一つの母音の音が入っている」ということがわかればOKです。

シラブルの数え方

シラブルは”拍”と捉えて、手をたたきながら単語の中に何個シラブルがあるか数えることを教えることもあります。

けれども、リズムがつかみづらく適切なシラブルにわけられないこともあります。まさに私がそのタイプで、手をたたいて確認しようとしてもなかなかしっくりきませんでした。

もっと簡単にしかもわかりやすい見つけ方はないかと探したのが、手の平をあごの下にのせて単語を言うやり方です。

おもしろいことに、母音のときだけあごが下がるのでどこでくぎられるのかがみつけやすくなり、シラブルが何個入っているかわかります。

実際、私が専門学校でこのやり方を教えたときもほとんど生徒が何個シラブルが入っているか言い当てることができました。

そのやり方を説明している動画をご紹介します。英語がわからなくても画像を見てなんとなくでいいので、ニュアンスをつかんでみてください。

動画はこちら

いかがでしたでしょうか?

シラブルが何かがわかり、最小の固まりにわけることができるとそれぞれの音をどうやって出すのかがわかりやすくなります。

是非いろいろな単語が何シラブルでできているのか?どこで区切られるのかトライしてみて下さい。

答えは以下のサイトで確認出来ます。単語を入力して答えをチェックしてみてくださいね。

How Many Syllables
Syllable Dictionary, a syllable counter reference guide for syllables, pronunciations, synonyms, and rhymes.

シラブルの種類は6つ

シラブルのタイプは全部で6つあります。

知っておくと役に立ちますので一緒にご紹介しておきます。

①Closed Syllable(クローズドシラブル)

h i t
C+V+C

子音と子音の間に母音が挟まれている型をClosed Syllableと言います。母音の読み方はこのClosed Syllableのときは短い音。例えば”hit”の音を聞いたとき母音は”イ”という短い音になります。

②Open Syllable(オープンシラブル)

h   /ppo
C+V

母音の後ろに何もない型をOpen Syllableといいます。この場合の母音の読み方は長い音(アルファベットと同じ読み方)となります。

③Silent”e”(サイレント”e”)

母音+子音+”e”のパターンの場合、母音と後ろの”e”はひとかたまりになって、Open Syllableの時と同じ長い音(アルファベットの読み方)になります。

ate⇒at(e)

④Vowel Team (バウエルチーム)

a,i,u,e,o,y,w母音や場合によって母音の音になる(y,w)のどれか二つの母音が重なっている二重母音の時は一つの固まりとします。読み方は最初の母音をアルファベット読みすることが多いです。

boat, rain, team

ay, ee, ea, oa, ow, oy, oi, ie, eiなどはすべて二重母音となり、ひとかたまりです。

⑤Bossy “r”(ボッシー”r”)

car, bird, under, more

ar, ir, ur, er, or,など母音+”r”でひとかたまりとします。rの音が強くなるのでBossy(偉そうな)と呼ばれます。

⑥Consonant “le”(コンソナント”le”)

単語の最後に”le”が表れたらその一つ前の子音とひとかたまりとして最後のシラブルを作ります。

lit/tle

英語発音矯正をする上で抑えておきたいこと

英語発音を矯正する上で知っておいていただきたいのは、1つのシラブルには必ず1つの母音が含まれるということです。

そして、ストレスの置かれたシラブル(強く読む所)の母音を正確に発音する必要があります。

また、それ以外のシラブルの母音はコントラストをつけるために弱くSchwa(シュワ)の音に近づいていきます。

シラブルごとに音を捉えていくと、正確な音が聞き分けられると同時に相手にも通じやすくなりますよ。

英語発音母音の要:曖昧母音と呼ばれるSchwa(シュワ)について 
英語の発音を習うときにとても重要な音があります。それがこのSchwa(シュワ)。音の響きがとても面白いですが、この音は一体どういうときに使うのか?どうして英語の発音を身につける上でも重要なのかご説明していきます。
オンライン英語発音レッスン 
「英語をアップグレードする7つのコツ」メールセミナー
英語発音オンラインレッスン
体験レッスン
受講生様の声
講師プロフィール
お問合せ
発音記号やフォニックスを使わない英語発音矯正、英語アクセント、アルファベット発音、ネィティブ発音などの英語発音練習ができます。
アメリカ英語発音で英語発音入門から始められるオンライン英語発音スクールです。