英語発音矯正することは相手を思いやる”おもてなし”に通じる理由

スポンサーリンク

発音から始める英会話
オンライン英語発音レッスン
山岡です。

 

「おもてなし」は、
日本のホスピタリティを表現する言葉として
世界に知られるようになりました。

 

この”おもてなし”の本質は、
相手への気遣い、思いやりから出てくる行動です。

 

実は、日本人が英語発音矯正を
することもこのおもてなしに通じると考えています。

英語発音矯正が”おもてなし”に通じる理由

英語と日本語のコミュニケーションスタイルの違い

アメリカの文化人類学者エドワード博士が書かれた
著書 『文化を超えて』ご存知ですか?

 

博士はその中で世界中の言語コミュニケーションの型を
高コンテキスト文化と低コンテキスト文化に分類しました。

コンテキストとは、「文脈」などの意味があります。

 

言語や価値観、文化的な背景など
共通している部分が多いとハイコンテキスト

 

逆に低い場合はローコンテキストに別けられます。

 

英語は様々な文化的背景の違う人達が
使っているのでローコンテキスト。

 

そのような中でコミュニケーションを取る
必要があるのでできるだけストレートに
わかりやすく正確に話さなくてはなりません。

 

会話において「話し手」に責任があります。

 

一方、日本語は多くが共通の文化を持ち
価値観も似ているのでハイコンテキストに分類されています。

 

同じような経験をしていて、
相手を理解しやすく全部を伝えなくても
わかってもらえるという認識があります。

 

「あれどうなった?」で通じてしまう
「あ・うん」のコミュニケーション

 

コミュニケーションにおいても、話し手ではなく、
受け手が相手の伝えようとしていることを
理解するべきと考え「受け手」に責任があるとされています。

 

英語は逆です。

 

コミュニケーションを取る際は、
「受け手」ではなく「話し手」が
相手を理解させる責任があるのです。

 

日本語でも英語でも
訛りの強い言葉は
意味が伝わりづらかったり
理解するのに集中力がいりませんか?

 

「日本語英語でも発音は通じれば良い」という考えの根底には、
相手に理解を求めるハイコンテキストなコミュニケーションスタイルが
あるような気がします。

 

なぜなら「受け手」に
その責任を負担してもらう事になるからです。

 

英語発音を学ぶことで
相手へのそういった負担を最大限減らせるので、
相手への配慮にも繋がります。

目指すはグローバルに通じる英語

グローバルな時代
日本語という母語を持つ私たちは
ネィティブレベルを目指す
必要はないと考えます。

 

それでも、仕事上で
支障を来すことのないよう
信頼関係を得やすいよう
自信を持って話せるよう

 

誰にでも通じる
標準語の英語発音を身につける事は
新たな”たしなみ”

 

 

英語発音矯正をすることは、
まさにおもてなしに通じるのです。

 

オンライン英語発音レッスン 
「英語をアップグレードする7つのコツ」メールセミナー
オンライン英語発音レッスン
体験レッスン
受講生様の声
講師プロフィール
お問合せ
発音記号やフォニックスを使わない英語発音矯正、英語アクセント、アルファベット発音、ネィティブ発音などの英語発音練習ができます。
アメリカ英語発音で英語発音入門から始められるオンライン英語発音スクールです。